【後編】引きこもりがクルーズラバーになるまで

たび
びび
びび

後半始まりました。
初の寄港地!

初の寄港地-釜山-プサン

前半メンタルヨレヨレな記事を
読んでいただきありがとうございました。

まだまだ続きます。
心の叫びが止まらない初クルーズシリーズ。
後編は【絶叫】寄港地編です。

もうね前日から
「船の外に出ないといけなんて」(꒪⌓꒪)
極度の方向音痴だし、韓国語喋れないし、
お金も日本円しか持ってきてないし…

ちゃんと説明読んでおくんだったと猛反省。

と思っていたら、寄港地到着日に
ウォンに換金してもらえるらしいアナウンス
(レートはお高い)

朝食後、換金のために長蛇の列に並ぶ。
並んでる間も

船に帰れるかな…
遅れたら帰れなくなるのかな…

降りるのやめようよ…

ヤァァダァァァァ( ;∀;)でした

※重度のアホです

無事換金できてしまった

結論:船での換金はお勧めしません。
船に十分な換金のためのストックがあるとも限らず
換金する人が多いと途中で受付終了することもある。

そして最初にならんんだ人から
大きな額での紙幣が渡され、
最後の方になると
1万円分でも細かい紙幣での両替となり
ウォンだとすごい量になる。
使うときは便利だけどね。

この時もあと3人くらいで
両替終わりますのアナウンスが。。。
そうなると船を降りてから
両替できるところを探すのみとなります。
大きな港ならなんとかなりそうだけど

乗船前に準備しておくのが1番だね!
…私が言うなって話ですがw
カードも使えますが、
釜山の路面店に行くなら現金がおすすめ。

釜山タワーに行ったよ

右も左も分からなかったけど到着。
いいお天気でポカポカでした。

神戸のような、大阪のような雰囲気の街でした。
大きなショッピングセンターもあれば
大阪の日本橋のような場所もあり、
昔と今が隣接しているような土地でした。
結局Tシャツを2枚買い、
生きたタコを食べ、無事に船へ戻りました。

どうやって戻ったのか、記憶にございません…

釜山で食べた火鍋。
とっても辛かったけど美味しかったです。

そうだそうだ。。気合いでスタバへ行って
タンブラー買いました(集めてます

船トラブル

次の日は佐世保の予定で
「ハウステンボス行こう!」と
周りは盛り上がってて(私以外)

私はハウステンボスって
人に埋もれるやんかぁぁぁ

ヤァァダァァァァ( ;∀;)←2回目

でした…

本当に心が弱ってる時って
何がきてもビビるのね。
今なら人が多かろうが行くわよ。

そんな私の心を船が読んでくれたのか

船がトラブル!!

まさかの船から降りなくていい!

(正しくは降りれない
…佐世保楽しみにしてらした方には
本当に申し訳ないのですが

私、本当に安堵の一途を辿りました( ;∀;)

そしてコスタカードに(船の中の身分証明書みたいなもん)
ごめんねの100ドルチャージがありました。

船内のお土産物買えたり、
船にはチップ制がないので
乗るだけで支払い義務が生まれる
一括チップ支払いに使うことができます。
それがちょうど大人で100ドルくらいです。

私は迷わずお土産を買いました。

寄港地は佐世保ではなく細島へ。
それはそれはとても良いところでした。

のんびりと海を眺め、太陽を浴び
岩を眺め、岩を抱きしめ
細島でも遅れることなく船に戻り、

無事、クルーズを満喫することができました。

船で立ち寄ったこの細島。
本当に良いところでした。
細石があるところで
まだ熱いのではないかというくらい
エネルギッシュな岩。

これは別記事で詳しくレポートします♪

思う存分海と空に耳を澄まして過ごす

…余すところなく
引きこもりでネガティブだった私。
このクルーズを境に心にくっついていた
要らないものが剥がれ始め、

私を生きたいなんて思うようになりました。
まだうまくできてないけど、
昔に比べれば進んで行っている気がします。

クルーズの魅力は
・ゆっくりゆっくり旅行ができる
・目的地までの船の時間が癒し
・引きこもれる部屋と旅ができる
・1人の時間が持てる
・寄港地は降りなくてもいい

こんなところがとても居心地がよく、
安心できたポイントだったな。
無理しない旅行にピッタリでした。

そして船を降りてから聞いた話なのですが、
ガンガンアクティブな人は
船に乗ってゆっくり移動に耐えれないらしい!

何人かのアウトドアな友人は
「船で1日かけて移動なんてー!」アリエナイ!
って言ってました。

だから船にいる人は基本…
どこか引きこもり体質なんだと思う!(勝手な解釈

こうして妙にリラックスしてしまい、
船が大好きになりました。

アクティビティを思いきり楽しみたい方も
寄港地を時間いっぱい楽しみたい方も楽しめます♬

ツアーもあるしね(*´꒳`*)

そんな引きこもり数回のクルーズ旅行を満喫し
クルーズ愛全開で船を満喫している動画はこちらです↓
まだまだ動画作り始めたばかりの頃でアレな動画ですがw

コメント

タイトルとURLをコピーしました